· 

くびれ作りに最適な室温

くびれ作りは暖かい環境から

目次

1 くびれ作りは空調管理(室温)から

1-1 腋窩温38度がくびれ作りに最適

1-2 腋窩温38度で体内酵素が最も活性化

1-3 体を動かして体内酵素を活性化させる

1くびれ作りは空調管理(室温)から

1-1 腋窩(わき)温38度がくびれ作りに最適

1-1 腋窩温38度がくびれ作りに最適

くびれ作りは、暖かい環境(25℃前後)でウォーミングアップを行い直腸温度が38.7度に達してからトレーニングをすると効果的です。また、筋肉の弾力性が向上するので怪我の予防にもなります。トレーニング中、怪我をせず効果的にくびれを作る為には少し熱いかな・・・と感じる温度が最適なのです。

 

1-2 腋窩温38度で体内酵素が最も活性化

 

室温25度前後でウォーミングアップを行った場合、約10分程度で体温(腋窩温)は約38度近くになります。

この時、直腸温度は約38.7度になり体内酵素が最も活性化させている状態になっています。

 

また、室内が低温だと体脂肪と遅筋繊維が増えたという実験報告があります。

さらに、パフォーマンスを最大に発揮できないのでボディメイク(くびれ作り)には向いていないと言えます。

そうならない為にも上記の条件を基に10分程度ウォーミングアップを行う必要があります。

 

10分程度筋力トレーニングですので成長ホルモンが分泌されなくなるという心配もございません。

 

 

体内酵素が活性化する事で得られるもの

❏力が入れやすくなる(パフォーマンス向上)

❏怪我をしにくくなる(怪我の予防)

体内酵素が上手く働くことで、エネルギー合成や筋収縮、神経伝達物質が活性化されます。

つまり、筋肉にしっかりと働かせる為の手段だと考えて下さい。

 

その結果、筋力トレーニング時のパフォーマンスが向上し、筋肉が成長しやすくなるという好循環を作り出してくれるのです♪

これらを理由に低温環境でのトレーニングは悪環境でのトレーニングを行っているのと同じでメリットがありません。

室温管理は、くびれ作りを行う上で非常に大事なのです。

しかし、計画的に高所トレーニングを行い、悪環境に体を適応させることが目的の場合は除きます。

 

※直腸温は腋窩温(脇)に比べ0.80.9度高い。

 

※酵素は触媒の役割をしてくれます。

1-3 体を動かして体内酵素を活性化させる

 

私が普段から実践し、ご案内している筋力トレーニング時におけるウォーミングアップ方法を紹介します。

筋力トレーニングを2セット程高回数で行い体温(筋温)を上げていきます。

2セット目を終えると体温の上昇が実感できると思います。

 

【ウォーミングアップの例】

 

スクワット 20回(40%前後) 休憩23分 23セット

 

スクワット 812回(7080%) 休憩3~5分 24セット

 

このようにセットを組む事でウォーミングアップとトレーニングフォームの確認が一度に行えます。

 

 

参考にしてみてください。

まとめ

・体は冷やすよりも温めた方がいい

 

・筋トレの場合、室温は25度前後が最適

・室温が低いことで得られるメリットは少ない

・体内酵素が活性化するとパフォーマンスは向上する

感想

筋トレに最適な温度は2628度、有酸素運動を行う場合は2224度と言われていますが、トレーニング中に汗がダラダラ流れトレーニングに集中が出来ないという場合、温度調整が必要になります。

 

 

 

※個人差があります。