食事についてシンプルに考える

始めに、ある程度ルールを決めておきます。

 

1つ目:運動の3時間ほど前に好きなものを食べる

2つ目:運動終了後3時間以内に好きなものを食べる

3つ目:上記以外はなるべくタンパク質を多く食べる

 

いかがでしょうか。これらを守るだけで無理をせず、今よりもスタイルアップができるとしたら。試してみたくなりませんか?

 

これはインスリンの働きを上手く利用した食事方法になります。

運動直後(食事をする場合は15分後くらいを目安に開始して下さい)のインスリンの働きは、主に筋肉へと働きかけてくれます。次に肝臓、最後に脂肪という流れになります。

 

つまり、3つのルールをある程度守るだけで、脂肪細胞の肥大化を防ぐことが出来るというわけです。

つまり余分な脂肪が増えにくくなります。

 

ここで問題です!

 

その日は、活動量の低い日でした。

炭水化物の量として適当な物はどれか。

 

①朝 大  昼 中  夜 小

②朝 中  昼 大  夜 無

③朝 無  昼 小  夜 大

 

答え ②

 

解説:朝から昼までの間隔と昼から夜までの間隔だと、一般的には昼から夜までの間隔が長いと思います。

よって、食事をしてからの間隔が長くなるタイミングで炭水化物を多めに摂ってあげるのが一番ベストです。

 

 

※専門的な説明はおこないません。

実際には、それぞれの目的や目標に合った食事方法がございます。

上記は考え方の一つとして参考にして頂ければと思います。この方法は万能ではありません。