誤ったくびれの作り方⁉

こんにちは。

 

スマイルプラスの塚本です(^^)/

 

早速ですが、皆さんは腹筋運動をされた事はございますでしょうか?

おそらく一度くらいは経験があると思います。

 

その時の目的はもしかしたら、お腹を凹ませたい、くびれを作りたい、といった目的だったのではないでしょうか。

 

確かに腹筋運動が必要な方がいるのも事実で、腹筋運動を優先して行うべき方もいます。

 

しかし、くびれを作りたい方の目的って、実は体にメリハリを求めているのではないでしょうか。

 

 

誤った腹筋運動(クランチやプランク)を行う事で解剖学的にみると腹直筋は骨盤を後傾位にする働きがあります。つまり、腹直筋が過緊張し拮抗筋とのバランスが崩れるとヒップの位置を下げてしまう事になりかねません。

 

 

確かに、腹筋運動を行うことで引き締まった感覚になると思いますが中長期的にみると、ただただ姿勢を悪くし、体のラインを崩してしまっている可能性が出てきます。

骨盤が前傾位(ASIS~PSISが3横指以上)の場合などは腹筋運動が有効な事もございます。※背臥位にて確認するのが一番正確です。

 

闇雲にトレーニングするのではく基準や目的を明確にしたうえでトレーニングを行うと綺麗なウエストをデザインする事ができます。

 

次回は「お腹が凹む、腹筋群への刺激方法」という記事を書きたいと思います。

 

※腹筋運動を否定してるわけではございません。目的別にアプローチしていく事が大切だという事です。