X脚と呼吸筋

X脚の原因(先天性、後天性含め)は様々だと思いますが、X脚の方は呼吸筋が上手く働いていない事が多く見受けられます。

例えば殿筋の筋力が弱く、内転筋の筋力が強い場合。内ももの筋肉が緊張することで、筋筋膜を介して内臓や呼吸筋へとその緊張が伝わります。よって、呼吸が浅くなる可能性も考えられます。

また、呼吸が浅くなることによって交感神経が優位になりセロトニン(リラックスホルモン)の分泌が量が減り余計に呼吸が浅くなる。(その他、様々な原因が考えらえます。)

これだと悪循環になってしまいます。

 

ここで試して頂きたいのが後脛骨筋(水色の部分)をほぐしてあげるという事です。今まででもこの部分を押圧することによって以前より深く呼吸をすることが出来るようになったというデータもございます。

しかし、この筋肉は直接触れることが出来ませんので脛骨(弁慶の泣き所)の裏側からふくらはぎを介してほぐすことが出来ます。(内果から上方へ3~4横指の位置)

ムクミや膝痛の軽減や改善効果も期待できます。他にもアプローチ部位はありますが、ご自身でされる場合この方法が適当かと思われます。お風呂の中や就寝前など少しの時間でもいいので試していただくと大分スッキリしてくるはずです。

姿勢が及ぼす影響は見た目だけでなく、呼吸や内臓にも影響してきます。少しのケアで毎日健康に!是非一度お試しください(^^♪

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

 

 

パーソナルトレーナー 塚本勇也