筋力トレーニングがカラダのかたちを作る

筋力トレーニングの魅力…

 

○自分の努力次第で体を変えることが出来る。

※筋力トレーニングで得られる効果は多岐に渡りますので、ここではボディメイク(体づくり)に絞って記載していきます。

 

私の考えるボディメイクとは、体のライン(引き締まったウエストにキュッと上がったお尻、そして更にヒップを強調させるための逆三体型)を作る作業だと考えています。その為には、余計なところに筋肉を付けないようなトレーニングフォームで、狙った部位のみに刺激を入れていく作業が必要だと考えています。

 

普段からある程度運動をしている人でしたら食事量を減らすと上手くいくと思います。

しかし、デスクワーク中心の人が食事だけ減らしたとしても体重は減ると思いますがこれはボディメイクとは言えないと思います。

これでは体のラインは作れません。

理由としては、筋肉も脂肪も減ってしまうからです。

では、どの様な対策をすれば筋肉を減らすことなく脂肪が優先的に燃焼されるのかを考えていきます。筋力トレーニングを行う事によって筋肉量は維持されたり、増えたりします。

ここでは、維持することを目的として進めていきます。維持する為には、筋力トレーニングを行い筋肉に「減っちゃダメだよ!そこに君がいないと体のラインが作れないんだ!」という合図を送ります。この作業を行う事によって引き締まって見えます。逆に、腕を細くしたいからと言って腕ばかりトレーニングをしていると上記のようなことが起こるのです。

つまり細くしたい部分への刺激はあまり入れない方が理論上正解なのです。上記をふまえた上で私が指導を行うとしたらこの様に行います。

 

お尻が下がっているので、お尻を引き上げてウエストをキュッと引き締めたい!という目的の方がいたとします。先ずトレーニング前に、その方は筋肉がなくてお尻が下がって見えているのか、それとも筋バランスの崩れによって下がってい見えているのかによってトレーニング方法が変わります。

ここでは、筋バランスの崩れと筋肉量が少なかったと仮定します。

その場合、まずは様々な角度から筋バランスを整えていきます。そして、整った後にお尻の筋力トレーニングを開始します。

これが、ボディメイクです。

そして、筋バランスを整える為にも筋力トレーニングは必要なのです。

ものすごく伝わりにくい文章だと思いますが(笑)これが私の考えるボディメイクとは上記のような事です。

 

全ての人に同じトレーニングメニューを提供するようなパーソナルトレーニングは行っていません。その理由として、私の中でそれはボディメイクではないと考えているからです。

一人ひとりの異なった目的に合わせたパーソナルトレーニングをこれからもご提供させて頂きます( ..)φメモメモ

 

※自己流でのトレーニング方法を否定するものではございません。御理解のほどよろしくお願いします。