ケアプラス(会員様限定)

カラダ本来の動きやすさへと戻します。

ケアプラス パーソンルトレーニング60+ケア30分=90分(110分)

1回 16,500円

4回 70,400円
8回 136,400円

パーソナルトレーニング料金に追加5,500円で受けることができます。

施設利用時間は110分になりますので施術後もごゆっくりして頂けます。

期待できる効果

カラダの疲れが抜けない

筋肉の緊張状態が続くと呼吸が浅くなりやすく、カラダの血の巡りが悪くなり疲労物質などがたまり寝ても疲れが取れない、足が浮腫むなど慢性疲労の原因になります。筋肉が過剰に緊張しているということは、カラダが締め付けられているような状態が続いているということです。これらは呼吸にも影響を与え常に交感神経が優位に働いてしまうこともあります。その結果、睡眠の質が低下したり血管が収縮し足がむくむ、なかなか疲れが取れないといった症状が現れます。筋肉の過剰な緊張を取り除くことでカラダに掛かっている負担を軽減することができます。緊張状態からカラダを解放させ血の巡りを改善して動きやすいカラダにすることでカラダの疲れを取り除き疲労回復をサポートいたします。

パフォーマンス向上

運動(競技)のパフォーマンスを向上させる為には、脳から筋肉への神経伝達を改善させ自分の思い通りに体を動かせることが大切です。動作分析を行い体の状態を確認し、上手く使えていない筋肉を見付けPNF(固有受容器神経筋促通)トレーニングとスタティックストレッチなどを組み合わせ改善していきます。その結果、脳から筋肉への伝達が促進され対象とする筋肉のパフォーマンスが向上します。また、これらのアプローチに加え筋肉の詰まりや柔軟性の偏り(怪我の予防)など目的に合わせ調整いたします。

※ここでの「パフォーマンス向上」とは筋肉の機能を回復させるという意味で使用しています。

慢性的な肩や腰のだるさ

慢性的な肩や腰のだるさを感じると、どうしてもその部位(肩や腰、TrPなど)への意識が高まるかと思います。しかし、実際には怠さの原因が別の部位にあることが多かったりします。ストレッチでは、カウンセリング後にストレッチを行い硬くなってしまった筋肉を緩め筋バランスを整えていきます。その結果、局所的にかかる負担が軽減、肩や腰が動かしやすくなります。また慢性的なだるさの根本的原因となる生活習慣を見付け出し、予防から軽減を目的としたアドバイスも行なっております。

※ストレッチ(柔軟)や筋力トレーニングを適切に行うことは腰や肩のだるさを軽減するのに有効であることが証明されています。

多く寄せられる質問

ケアプラスを受ける頻度に効果の違いはありますか?

パーソナルトレーニングの度に(1〜2回/週)受けることでカラダの変化は感じやすくなると思います。また、ケアプラスはその場限りのものではなく自宅でも行えるセルフケアの方法もご案内しております。

ストレッチを受ける時の服装を教えてください?

パーソナルトレーニング後に行いますのでそのままの格好で大丈夫です。お着替えが必要な場合、こちらでご用意しているウェアーに着替えて頂くこともできます。その際はお気軽にお申し付けください。

パーソナルトレーニングにストレッチを追加することはできますか?

こちらの【ケアプラス】を追加することが出来ます。

お気軽にご相談くださいませ。

BeforeAfter

1回のケアプラス30分での姿勢変化 ※姿勢をこうして下さい等のキューイングは撮影後に実施。

  • 頭の位置、肩の高さ、ヒップ&トップバスト、手の平の向きなどを比較してみてください。

ケアプラスの流れ

カラダの状態に合わせ、ストレッチをベースにケアを行います。

一言に「ストレッチ」と言っても筋肉を伸ばしたり緩める方法は何種類もあります。一人ひとりの目的やお体の状態に合わせて筋肉や筋膜をリリースしながら体の変化に応じて施術を行います。施術後は、再発予防のためのご自宅でも行えるセルフストレッチやコンディショニングの整え方を始め、私生活での姿勢に対する考え方をご案内しております。

①目的をお聞かせ下さい

②準備運動

③緊張を取っていきます


④ケア開始


伸ばしにくい筋肉へも

しっかりアプローチ

⑤目的へのアドバイス


姿勢は隠せない・・・

体組成測定値(筋肉量・筋バランス・体脂肪率・体内年齢・骨量など)が悪くても服で隠してしまえば分かりません。

 

しかし、姿勢は隠しきれません。

 

どれだけ可愛い服やブランド物を身に付けていたとしても猫背などの姿勢を隠すことはできません。

ストレッチでは、服で隠しきれない姿勢改善効果もございます。

 

初頭効果(しょとうこうか)

心理学用語で初頭効果というものがあります。

相手に与える第一印象は3~5秒、その中でも視覚から入ってくる視覚情報は約80%です。

姿勢が悪いだけで相手に与える印象が悪くなり気付かないうちに損している、という可能性もあります。姿勢を改善することで相手に与える第一印象を変えられるかもしれません。